攻略 2018/09/20

Multi-tool | マルチツールについて


マルチツールは、すべてのプレイヤーが所有するマイニングツールや武器です。その主な機能は、資源を見つけて収穫することができます。プレイヤーは常に1つのマルチツールを所有していますが、別のマルチツールを購入して変える事もできます。

 

購入方法




宇宙ステーションで購入

宇宙ステーションのマルチツールアイテムの売店の横に、赤い箱がある。そこから購入が可能。

 

空間異常のアノマリー

同様に、異常空間時に現れる、アノマリーでも購入が可能。

 

惑星内の着陸パッドのある建物

また、惑星にある着陸パッド付きの建物内に、同様に赤い箱があり、購入が可能。

 

NPCから購入

会話中のイベントでマルチツールを購入できるイベントがある。

 

 

マルチツールの特性


 

マルチツールには、クラス、クラスボーナス、タイプ、イベントリスロット数、スキャナ範囲などで構成されています。最大スロット数は24スロットです。

 

クラス

C class

ボーナス:0〜10%

B class

ボーナス:10〜20%

A class

ボーナス:10〜30%

S class

ボーナス:0〜100%

 

 

クラスボーナス

クラスボーナスは、ダメージ、マイニング、スキャニングの値に対するボーナスで、パーセンテージとして与えられます。これらのボーナスは静的であり、変更されません。最低ボーナスは0%、最高は100%です。ダメージボーナスは、鉱山などのマルチツール武器によるダメージを増加させます。マイニングボーナスは、資源の採​​掘速度を向上させます。スキャンボーナスは、スキャナーのクイックスキャンでカバーされる領域の半径を増加させます。

 

 

タイプ

 

エイリアン型 (全ボーナス)

高いダメージボーナス、中程度のマイニングボーナス、中程度のスキャンボーナスが付きます。最大スロット数は24スロットです。

 

実験型 (スキャンボーナス)

スキャンボーナスが100%で付与されるのが特徴です。さらに高ダメージボーナス、高マイニングボーナスも付与されます。

 

ピストル型 (マインボーナス)

スキャンとマイニングに低〜中程度のボーナス、スロット数が最高でも12スロット程になります。

 

ライフル型 (ダメージボーナス)

ダメージとスキャニングに低いボーナスがあり、スロット数が最大24スロットです。

 

 

弾丸効力

弾丸効力は、マルチツールのダメージ出力を表示します。白いバーには、武器のベースダメージ出力とそのアップグレードのボーナスが反映されます。黄色のバーにはダメージクラスボーナスが反映されています。

 

 

スキャナ範囲

スキャナ範囲には、マルチツールの現在のスキャナ半径が表示されます。白いバーには、マルチツールのベース半径とスキャナのアップグレードによるボーナスが反映されます。黄色のバーにはスキャナクラスボーナスが反映されています。

 

 

スロット

スロット数は最高で24スロットであり、スーツスロットのように追加はできません。

 

 

メインウェポン


マルチツールに追加できるマイニング用または攻撃用のテクノロジーです。

 

マインビーム

マインビームはターゲットに強いレーザービームを発射する武器です。ビームは主に様々な鉱物や物質から資源を抽出するために使用されます。二次的機能として、緊急兵器としてセンチネルや他の脅威に対して使用できます。マインビームを使用するとエネルギーを枯渇させます。電源が完全に空になると、炭素、凝縮炭素、またはリンでチャージする必要があります。

 

ボルトキャスター

ボルトキャスターは、ターゲットに重いボルトを発射します。これはセンチネルを襲撃し、惑星の強化扉を破壊するのに便利です。ボルトキャスターは、弾丸を使用します。弾倉が空の場合、ボルテスターに​​弾丸弾薬を再装填する必要があります。

 

ブレイズジャベリン

ブレイズジャベリンは、発射する時にチャージが必要で、チャージ時間が長い程、スピードとパワーの上昇する武器です。一旦発射されると、ブレイズジャベリンは短いクールダウン期間を要し、その間に再び発砲することはできません。この武器は、エネルギーを消費します。エネルギーが消耗した場合、炭素または凝縮炭素で再充電する必要があります。

 

パルス・スプリッタ

パルス・スプリッタは、同時に同じ速度で三角形を形成するように3つの弾丸を発射する武器です。その高い発砲率は、素早く動くターゲットに対して最もよく使用されます。パルス・スプリッタは、弾薬を使用します。弾倉が空の場合、弾丸弾薬で再装填する必要があります。

 

スキャターブラスター

スキャターブラスターは、ショットガンを発射する武器です。弾丸は広がるため、近接戦闘で最もよく使用されます。これスキャターブラスターは、発射時のリコイルが激しいです。弾薬を使うため、弾倉が空の場合、スキャターブラスターは弾丸弾薬で再装填する必要があります。

 

地形操作機

地形操作機は、ターゲットにソフトレーザービームを発射し、鉱床採掘と地形作成の二つのモードを持つツールです。動植物、鉱山、またはセンチネルに損傷を与えることができないビームは、鉱床から鉱石を抽出し、惑星表面を破壊するために使用されます。地形操作機はエネルギーを消費します。電源が完全に空になったら、フェライト塵、純粋なフェライト、または磁化フェライトで再充電する必要があります。

 

 

セカンダリーウェポン


セカンダリーウェッポンは、右上のメインウェポンHUDの左側にあるHUDで確認することができます。

切り替え方法は

  • PS4 : ○
  • Xbox : x
  • PC : マウスローラークリック

セカンダリーを使用するには、

  • PS4 : L1
  • Xbox : LB
  • PC : 右クリック

です。

下記に記載しているセカンダリーは、テクノロジーがインストルされて初めて使用可能になります。

 

コンバットスコープ

コンバットスコープは、射撃時のブレを抑える効果があります。また、使用時にズームするため遠方のターゲットへの命中率上昇が見込めます。しかし、スコープを使用中は動きが遅くなるため注意が必要です。

 

プラズマランチャー

プラズマランチャーは、ターゲットにバウンドするプラズマ弾を発射するセカンダリーウェポンです。センチネルクワッドやセンチネルウォーカーを攻撃するのに便利ですが、地形を破壊することはできません。プラズマランチャーは、使用されるとプラズマエネルギーが消費され、エネルギーが完全に空になると、不安定なプラズマで充電する必要があります。完全に充電されたプラズマランチャーは、最高で20回発射できます。

 

ジオロジーキャノン

ジオロジーキャノンは地形を破壊し、着弾時に爆発するプラズマ弾を発射するセカンダリーウェポンです。地形操作機よりも地形へのダメージがかなり大きくなります。ジオロジーキャノンは、使用するとプラズマエネルギーを消費し、電源が完全に空になると、不安定なプラズマで充電する必要があります。

 

パーソナルフォースフィールド

パーソナルフィールドは、生命維持エネルギーを利用して自分の目の前に防御フィールドを展開することで、敵から放たれた攻撃から身を守ります。これは近接攻撃に対しては有効ではありません。使用中は他の武器を利用できないほか、動きも遅くなり、生命維持エネルギーを消費し、生命維持エネルギーと連動したエネルギー量になります。

 

地形編集モード

地形編集モードでは、地形破壊と地形生成が可能になります。地形の質も選択が可能です。使用時はエネルギーを消費します。地形破壊では鉱床の抽出と同じモードになります。

 

 

関連記事

When swapping ships with an npc and then recruiting them as a squadron pilot, what stats and upgrade...

Wanted to get myself a squadron of Sentinel ships and I was wondering how much the game actually takes any upgrades you put into the ship into effect. Would a ship with high tier weapon upgrades change anything or does the damage only depend on the pilots stats? And will a pilot even use any installed weappns other than the base Sentinel canon? Looked on the wiki but it doesn’t even have a page about squadrons.

submitted by /u/barrack_osama_0
[link] [comments]

続きを読む シェア
0

Waypoint is actually one of my favorite updates

-and it’s because of one addition. The collected knowledge tab is literally just lore tabs for No Man’s Sky. I’ve always loved the lore and found the wiki to be very lacking in information, and frequently find myself trying to go through old entries trying to piece together the universe of NMS. The thing about NMS lore, is that it’s very under rated and unexplored. This feature they’ve added is probably something they could’ve never added to the game, and 99.9% of players wouldn’t care. But to players like me, it’s something I’ve wanted since the beginning. Thank you HelloGames for being awesome devs.

submitted by /u/setsavrun
[link] [comments]

続きを読む シェア
0

Community

Favorite Nanite farming method

Idk who needs to hear this but pirate system farming is my favorite way to get 10’s of thousands of nanites pretty quickly. It’s not hard to net 50+k in an hour. You do need a Units bankroll but salvaging a couple Interceptors is more than enough to get started.

Any time I’m exploring the galaxy or searching for the coolest Interceptor in the universe I’ll stop at a pirate system every 3-5 warps to buy out the Suspicious Packet stock (tech and weaponry) and check out the local solar ships.

If I need a pile of nanites quickly to upgrade a ship or something I’ll hit up pirate systems back to back. I go to the station vendor and buy all the tech and weapon packets, and then go to one trade depot and buy them out too. Then warp to the next system and do it again. Once I have a stack or two of each packet I open them all up and sell them to an upgrade vendor.

One stack of 50 nets around 16-17k nanites. You can get a stack of each, tech and weaponry, in about 5-6 warps. It’s FREE REAL ESTATE!

submitted by /u/Nebenezer
[link] [comments]

続きを読む シェア
0

I know ship hunting is important but... its kind of brutal that we cannot atleast modify an existing...

Thinking of the big picture you probably will never be able to obtain the starship that you dream of ever in your lifetime. The common saying is that exploration is a core aspect of the game and the player should keep exploring to find the ship they want, but there is a very brutal catch…

The world of NMS consists of 256 Galaxies, all with their hundreds of systems, who also have their handful of planets, the NMS world is so huge that you probably wouldn’t even be able to comb through it all in your whole lifetime even if you explored 24/7 without going to the bathroom or eating.

Now here is my point, I don’t intend to imply that HG should just allow us to build our own ship and make the whole exploring shtick useless, but atleast we should be able to work with something that is “good enough”. A Sentinel ship for instance, I find a good model with folding wings and belly horn but it has the ugly big wing stuck in its body? I should be able to remove it. I find a good one with the wrong colors? I should be able to change the paintjob.

No modifying the entire ship, but still be able to change a range of body parts and paint to better match what we want, I dont care if it would change it to C class or if it costed an unholy amount of Nanites, it would simply be another nice goal to chase at endgame.

submitted by /u/RallySubbie
[link] [comments]

続きを読む シェア
0

Popular Posts